IT介護予防マシン

ホーム > IT介護予防マシン > メディモとは?

東京大学 石井直方 開発のトレーニングマシン

トレーニングマシンがWindowsネットワークに接続されている、
世界初のIT介護予防リハビリマシンシステムです。

① 目的に合わせた多種多様なラインナップが可能
② 運動の抵抗感を和らげ、より安全で楽しいマシントレーニングを実現
③ 指静脈認証装置による入退館で行い、ご本人の特定が容易
④ 高齢者でも気軽に使用し易い、優しい操作性とデザイン性
⑤ 一人ひとりに合わせたきめ細かな運動メニューの作成やデータの管理を実現

メディモはモーターで負荷を制御しています。

モーターは電気で動きますからデジタル機器と相性がよくコンピュータで様々なデータの管理が容易にできるようになりました。また、負荷も無段階で設定できますので老若男女様々なご利用者に合わせた理想の負荷設定が容易に行えます。


メメディモには指静脈認証装置が搭載されています。

最初にご利用者を一度コンピュータに登録しておきますと、一人一人の指静脈を覚え、マシンに設置された静脈認証装置に指を通すだけで、その方にあった負荷を自動的に設定することも「誰が」「何時」「どのような運動を」「どれだけの負荷で」「何回」「何セット」行ったのかを時系列的に整理した自動管理を可能としました。


◇モーター負荷によるマシン及びコンピュータによるエクササイザの登録から管理までを容易に行い、トレーナーの負担軽減をも加味した本トレーニングシステムは、特許取得システムです。【特許 第3001823号】

お問い合わせはこちら