コラム

ホーム >フィットネスクラブを経営するなら【ワイルド・ライフ・コーポレーション】へ(個人事業主として独立したい方はぜひご相談を)~設備の充実化とサービスによる差別化について~

フィットネスクラブを経営するなら【ワイルド・ライフ・コーポレーション】へ(個人事業主として独立したい方はぜひご相談を)~設備の充実化とサービスによる差別化について~

フィットネスクラブの経営を行うなら【ワイルド・ライフ・コーポレーション】へ~個人事業主として独立をお考えの方はぜひご相談を~

フィットネスクラブの経営を行うなら【ワイルド・ライフ・コーポレーション】へ~個人事業主として独立をお考えの方はぜひご相談を~

フィットネスクラブ経営を検討している方は、ぜひ【ワイルド・ライフ・コーポレーション】へお申しつけください。

【ワイルド・ライフ・コーポレーション】はフィットネスクラブの起業・経営をサポートしており、これまでに多くのフィットネスクラブを黒字に導いた実績を有しております。個人事業主として独立を検討している方、需要が拡大するフィットネス事業への参入を検討している企業様は、ぜひご相談ください。

フィットネスクラブの経営は【ワイルド・ライフ・コーポレーション】へお任せください~決め細やかなコンサルティングで安心~

フィットネスクラブの経営に関することなら、【ワイルド・ライフ・コーポレーション】へご相談ください。

【ワイルド・ライフ・コーポレーション】は決め細やかなコンサルティングを以って、フィットネスクラブの経営をサポートしてまいります。開業前の準備はもちろん、開業後の営業手法、店舗運営のノウハウ、CS向上を目的とした人材育成などあらゆる視点から経営をサポートいたしますので、安心して経営に専念することができます。

設備の充実化とサービスによる差別化

設備の充実化とサービスによる差別化

競合がひしめく中で顧客を獲得するためには、競合との差別化が必要です。ここでは、フィットネスクラブの経営における設備の充実化とサービスによる差別化について見ていきたいと思います。

設備の充実化は差別化に繋がるか?

設備を充実化させることは一時的な差別化に繋がるかもしれません。例えば、競合他社が導入していない設備をいち早く導入すれば、それだけで顧客へのアピール材料となります。

しかしながら、競合が同様の設備を導入し、さらにプラスアルファで何かしらの付加価値を加えた場合、お客様が競合へと流れる可能性も否めません。また、設備の購入費や維持費、そして老朽化・陳腐化などの対応の手間に鑑みると、一概に設備の充実化が差別化に繋がるとは結論付けられません。

サービスによる差別化の重要性

設備面による差別化が難しいことから、フィットネスクラブの経営において差別化を図るためには、「サービス面による差別化」に注力する必要があります。

一般的に、フィットネスクラブの売上の大部分を占めるのは会費であり、会費の徴収によって売上向上を狙うためには、新規顧客の獲得及び既存顧客の利用継続を図ることが肝要です。

設備の充実化は一時的な集客には繋がるものの、既存顧客の利用継続に繋がるとは限りません。既存顧客に引き続き利用してもらうには、やはり競合にはないサービスを展開するほかありません。設備を充実化させるのも良いのですが、結局のところ、売上を伸ばすためには「サービスによる差別化」が必須となります。

お役立ちコラム

フィットネスクラブの経営に関するご相談なら【ワイルド・ライフ・コーポレーション】へ

会社名 株式会社ワイルド・ライフ・コーポレーション
所在地 〒182-0024 東京都調布市布田1-45-6-605
電話番号 042-426-8351(※受付時間/平日10:00~17:00)
URL http://www.wildlife.jpn.com/