フィットネスクラブの経営課題

ホーム >フィットネスクラブの経営課題

フィットネスクラブの経営課題

最先端のビジネスとして、フィットネスクラブ経営への新規参入を検討する動きが増えています。身体のみならず、心の健康維持にも適したフィットネスクラブの需要は、これからますます高まることが予想されます。ただ、競争激化が見られるフィットネス市場の環境下では、フィットネスクラブ経営に対する課題も浮き彫りになっているのが現状です。

経営者を悩ませる問題

現代で安定したフィットネスクラブ経営を目指すには、クラブ会員をどれだけつなぎとめられるかが重要になってきます。もし多数の退会者が出てしまった場合、減少した分の会員数を補うための様々な施策が必要です。入会者を獲得するための大切な施策ですが、それにかかるコストや時間などを考えると、まずは退会者を出さないことに着目しなければなりません。

退会者が出る理由

利用者に適したプログラムがない、施設の構造や設備が現代のニーズに合っていない、などの問題は退会者を出す大きな要因となります。クラブを利用する目的は人それぞれ異なり、また利用者の年齢や性別なども幅広いです。そのため、その人に適したプログラムやサポートがなければ継続の動機に繋がらず、退会してしまいます。

また、施設・設備の老朽化も問題を解決する上で重要になってきます。フィットネスクラブ事業は1980年代頃に本格化しましたが、その当時の顧客ニーズと、現在のマーケットが適応していないケースも多々見られます。仮にクラブのリニューアル工事などを一度もしたことがない場合、他のクラブと比べて施設競争力が大きく低下しており、会員数を増やせない・退会者数を減らせないという悪循環に陥ってしまうのです。

安定した経営を目指すなら

厳しい市場環境下で経営を安定化させるには、クラブが抱える弱みを把握し対応策を講じていく必要があります。対応策には、顧客や時代のニーズを取り入れる一方で、経営者自身が譲れないと考える経営方針もしっかり組み込むことが重要です。経営者の行動力に一貫性が見られないと、顧客のみならず共に働くスタッフも離れていってしまいます。フィットネスクラブ経営には、顧客満足度・従業員満足度の向上を目指した戦略を取り入れましょう。

ワイルド・ライフ・コーポレーションでは、フィットネス経営コンサルティングサービスをご提供しております。フィットネスに関連する事業を、様々な視点からフィットネスコンサルタント支援いたします。フィットネスビジネスに関するお悩みがございましたら、お気軽にワイルド・ライフ・コーポレーションまでお問い合わせください。