覚えておきたい事業計画書のまとめ方

ホーム >覚えておきたい事業計画書のまとめ方

覚えておきたい事業計画書のまとめ方

新規開業を考えている方は、頭の中でどういった事業を展開させるかある程度イメージできているかと思います。イメージするのは大切なことですが、イメージだけでは取引先や融資先など第三者に具体的な説明をすることができません。そこで重要となるのが事業計画書であり、事業計画書にまとめることでイメージが明確になります。

事業の概要は明確にする

事業計画書を作成する際は最初に事業の概要を明確にする必要があり、事業の概要は第三者が最初に目を通す項目でもあります。事業の概要が明確にされていないと事業計画書を細かく見てもらえなくなりますので、第三者にも理解しやすいように考えることが大切です。

また概要を明確にする際に実現が難しい内容を記入することがありますが、実現が難しい内容は第三者にとって良いイメージとはなりにくいので注意が必要です。

事業に必要なスタッフの導入

事業に必要な資格を持っていれば少人数で経営できますが、必要な資格が不十分であれば資格を持ったスタッフを導入する必要があります。事業計画書には自身が事業を行う上で必要な資格を持っているかを明確にするだけでなく、導入するスタッフの人数や待遇条件、雇用形態や募集方法といった内容も明確にする必要があります。

ターゲットの選定

事業を考える上でターゲットを選定することは大切なことですが、選定する際にも注意が必要です。ターゲットを広げすぎてしまうと訴求力が弱まる原因となりますし、逆にターゲットを一部に限定してしまうと大きな利益を得ることが難しくなるので、融資側にとって不利と思われる可能性が高くなります。

ターゲットの選定で失敗しないためには、事業内容や取り扱うサービスなど様々な点を考慮して選ぶ必要があります。

ワイルド・ライフ・コーポレーションでは、フィットネス経営をされている方への運営コンサル事業コンサル新規起業にフィットネス経営を検討されている方への開業コンサルを行っています。

中規模から大型総合フィットネスクラブを開業させたノウハウを活用し、あらゆる角度から開業サポートをいたします。フィットネス経営や開業コンサルに関するご相談も承っていますので、気になる点がありましたらぜひご相談ください。